山姥切と大僧正

今日、お客様がお話をしている中でこんな事をおっしゃいました。
「この春に、足利に山姥切を見に行ってきたんだよ。堀川国広の逸品だからね。そうしたら、女の人が多いこと多いこと。これが、今流行りの刀剣女子かと納得しましたよ」と、楽しそうに。

この【山姥切】という言葉が出てきたものですから、当店のある物をそのお客様に披露することにしたのです。

ある物というのは、【掛軸】です。
この掛軸は、お願いしてもなかなか首を縦に振らない高野山の大僧正に書いていただいた物です。
書は、山姥切に彫られている「夢香梅里多」。
とても味のある書ですので、直ぐに掛軸にさせていただきました。

普段はなかなかお見せしないものなのですが、山姥切とくればお見せするしかないというものです。

素敵でしょう。

コメントは受け付けていません。